うつ病

典型的なうつ病(ー_ー)=3

典型的なうつ病は、よくHPなんかで診断基準とゆう便利なものがあるので、これにかなり当てはまる方は診療所に1度は行く事をお勧めします。

だって、調べる事態がもう、うつ状態だからです(lll  ̄ロ ̄)

発症するのは時間の問題です。

発症する前に原因を取り除く事ができれば、その時は発症しないでしょうが・・・

以下に当てはまる場合は、受診をお勧めします(^_^)σ

眠れない ●1日中気分が落ち込んでいて、特に朝方気分が憂鬱

●食欲が無い ●好きな事にも興味が無くなる ●訳も無くイライラする

●頭の回転が鈍くなる(ここまできたら、必ず受診してください。)

*場合によっては逆の症状もありますので、診断は病院でしてもらってくださいね。

うつ病とは脳みその風邪と説明されてるのを聞いた事があります。

そう、早く治療すれば治りも早いとゆうこと。

今では、ストレスケアと称してるところだったら行きやすいのではないだろうか?

心療内科ココロは見てくれないので、うつかな?と思ったら少しはカウンセリングしてくれる病院を選んだ方がいいと思う。

私も実は最初どこに行っていいか分からず、心療内科を訪れましたが、うつ病の説明をしてお薬くれただけでした。

心療内科はうつ病専門外だからあまり知識と能力は期待しないほうがいい。

でもカウンセリングしてくれるところは、保険が利かないから大体が全額負担・・・かなりキツイ。

私はまだカウンセリングは受けてないが、そのうち行こうと思ってる(^∀^)ゝ

予約制だが、どこも1ヶ月待ちは当たり前のようです。(初診の時だけかも?!)

今回は典型的なうつ病の話をしましたが、実は色んなうつがあるんですよ。

それはまた次回にしましょうね(^∀^)ノシ

「うつ」のとってもとっても基本のガイド (マンガこころbooks) 「うつ」のとってもとっても基本のガイド (マンガこころbooks)

著者:越野 好文,志野 靖史
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ツレがうつになりまして。 ツレがうつになりまして。

著者:細川 貂々
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1)